結婚式スピーチ@丸わかりガイド

結婚式スピーチについて詳しく解説するサイト!


来賓のスピーチポイント

来賓はそれぞれ注意すべき点が違います。それを踏まえて、各々にしか
出来ない新郎新婦の祝福と紹介の仕方で、若い二人をもり立てるのが
コツです。自らの口調と表情がポイント!緊張のあまり顔が強張って
しまっては、せっかく笑いを取るつもりで持ち出した失敗談が笑い話に
ならず、自分の失敗談になってしまいます。

出来るだけリラックスした状態でマイクを持つためにも、出された料理
は遠慮せず美味しくいただき、ペース配分を考えてアルコールもそれなり
に楽しんでおくと良いでしょう。スピーチの目安時間は1分半以上3分以内。
まずは仕事関係者です。上司や先輩の場合は自分の愛社精神と会社のアピールを
しない事と説教染みた激励をしない事に気を付け、常日頃からの職場での動きや
人間関係を例に取って新郎、あるいは新婦の人柄を紹介するのがベストです。

同僚や後輩の場合は、暴露話は厳禁。誰もが笑えるような失敗談を1つ
持ち出し、それをベースに親しみを感じる部分と尊敬する部分をそれぞれ
紹介すると良いでしょう。

次にプライベートでの知人です。友人の場合、過去の悪ふざけや異性関係を
明かすのは最低です。出来るだけ家族や職場の人たちが知らないエピソード
を紹介するのは良い事ですが、微笑ましい思い出に限ります。

恩師や幼馴染の場合は、例え良くても悪くても当時の成績の話はあまりしない
方が良いでしょう。それよりも、新郎、あるいは新婦とその家族が懐かしいと
感じ、他の列席者が新鮮に感じる古き良き時代のエピソードを披露して上げる
と喜ばれます。

ここだけはチェック!結婚式スピーチのポイント!

披露宴の席では2つの聴かせ上手になる事が大切です。 まずは、自分の話をしっかり聴いてもらえるように、 はっきりした声でややゆっくり目にしゃべる事。 そしてもう1つは、人のスピーチを周囲の人に聴か せる事です。そのためには・・・ スピーチの聴かせ方のページへ