結婚式スピーチ@丸わかりガイド

結婚式スピーチについて詳しく解説するサイト!


主賓(新郎側)のスピーチポイント

一般的な披露宴では新郎側と新婦側からそれぞれ1名ずつ主賓が選出され、
新郎側の主賓は来賓のトップバッターとしてスピーチをする事になります。
非常に名誉な事ですが、中々の大役です。

やはりポイントは言葉遣いと内容。無理に硬い話をする必要はありませんが、
主催者側の期待や来賓の注目を裏切らないように、自らの教養と表現力を
フルに生かしたスピーチをしなければなりません。

メインのわだいは何か1つにテーマを絞り、威厳を保ちながらも温和な口調で、
自らも幸せそうにしゃべるのがコツです。スピーチの目安は約3分以上5分以内。

まず出だしに自己紹介をしますが、このとき、新郎との関係を明確にする
事と自分の会社の宣伝をしない事が絶対の条件です。次いで新郎新婦ならびに
両家の親族にお祝いの挨拶をし、着席を勧めてから新郎の紹介に入ります。
ここがメインです。普段自分が好感を持っている部分や共感した出来事など、
身近な話題を例にとって日頃の様子を伝えるようにしましょう。

次に、新婦について軽く触れます。過去に面識があればその時の印象や
エピソードをなければ当日初対面の際に感じた事を微笑ましく表現しましょう。
結びに招待のお礼を述べてから贐の言葉を贈りマイクを置きます。

ここだけはチェック!結婚式スピーチのポイント!

披露宴の席では2つの聴かせ上手になる事が大切です。 まずは、自分の話をしっかり聴いてもらえるように、 はっきりした声でややゆっくり目にしゃべる事。 そしてもう1つは、人のスピーチを周囲の人に聴か せる事です。そのためには・・・ スピーチの聴かせ方のページへ