結婚式スピーチ@丸わかりガイド

結婚式スピーチについて詳しく解説するサイト!


結婚式スピーチの要点

スピーチの順番や持ち時間は立場によって違いますし、内容も新郎新婦との
関係によって異なってきますが、どんな場合にも必ず言わなければならない
事が結構あります。

まず自己紹介ですが、この場合は自己アピールではなく、新郎あるいは新婦
と自分との関係を列席者に伝えるものです。それを明確にするための固有名詞
は大事です。結婚式のスピーチはあくまでも祝辞なので、必ず「おめでたい」
という言葉と「喜ぶ」という言葉を何らかの形で入れる必要があります。
披露宴への招待のお礼と両家の親族への挨拶も忘れないようにしましょう。

新郎側の来賓は新婦の、新婦側の来賓は新郎の印象を述べるのも絶対に必要
な事柄です。2人が揃って登場するエピソードを知っていれば、それを公開
すると喜ばれます。贐の言葉を結びに置く訳ですが、自分の方が年上の場合は
アドバイスを自分の方が年下の場合は激励のメッセージを送るのが良いでしょう。

又、切れる・壊れるなどの忌み言葉や、代わる代わる・度々などの重ね言葉を
口にしないように十二分に注意するのも絶対に必要な事です。

披露宴が始まる前に、予めロビーや控室などで出来るだけ初対面の人を探して
は挨拶し、軽く自己紹介しておくようにするのがコツです。事前に面識を有し
ておく事によって、お互い話し上手・聴き上手になれます。

[リンク]国際看護師の採用をチェックしよう!

ここだけはチェック!結婚式スピーチのポイント!

披露宴の席では2つの聴かせ上手になる事が大切です。 まずは、自分の話をしっかり聴いてもらえるように、 はっきりした声でややゆっくり目にしゃべる事。 そしてもう1つは、人のスピーチを周囲の人に聴か せる事です。そのためには・・・ スピーチの聴かせ方のページへ